札幌ドーム観戦から知床動物ウォッチング(作成中)  2019.06.04-10

羅臼沖で遭った ミンククジラ

たしか、昨年12月だったか・・・NHKテレビで、知床羅臼でのシャチの集団お見合いの映像を見た。

5〜7月 羅臼沖に、シャチが集まってくる。

シャチは世界で700頭ほど、個別識別されているが、羅臼では、そのうち400頭余りが確認されている。

世界各海から、この時期に羅臼に集まってくる。5〜6月に多く見られ、その後はマッコウクジラなどがくるのだ。

 

それは見に行かなくては!

知床へは、23年前の夏と、21年前の秋に行ってから とっても久しぶり

そこまで行くなら、釧路川でカヌーもやろう!

はるカミが、北海道へ行くなら、札幌ドームへ行きたい!?

・・・えっ? 札幌と知床は 遠〜い・・・よ。

 

と言う事で、旅行計画をたてる。

名古屋 − 新千歳 〜 札幌 泊      札幌ドーム 日ハム観戦

新千歳 − 女満別 〜 ウトロ 泊

       ウトロ ヒグマウォッチング 〜 羅臼シャチウォッチング   羅臼 泊

       羅臼シャチウォッチング     屈斜路湖近く ペンション きらの宿すばる 泊

       釧路川源流カヌー        屈斜路湖近く ペンション きらの宿すばる 泊

       釧路川源流カヌー        サロマ湖 船長の家 泊

       サロマ湖 〜 女満別空港 − 名古屋

6泊7日 の 旅である。

 

6月4日

中部セントレア空港から新千歳空港へ ジェットスター で 飛ぶ

1時間45分のフライト

 

札幌駅北の ビジネスホテルにチェックイン

はるカミの教え子と待ち合わせ彼女の車で 札幌ドームへ

いっしょに 日ハム、ヤクルト戦を観戦する予定だったが、

都合で彼女とはそこでお別れ。

用意してくれた バックネット裏の席で 観戦

日ハムのマスコット

スワローズのマスコット と 始球式 

試合開始

風船が一斉に飛ぶ

中田の2打席連続ホームランなど とっても楽しめた。

田中賢介選手のポスター

5月29日 ロッテ戦 田中賢介の活躍を報道する新聞

 

ドームを後にし、ジンギスカンを食べようとススキノへ

怪しげな雑居ビルの8階 「銀の牙」 という店へ。

怪しげな入口から中に入ると・・・・普通の焼肉屋だった(笑)

まずは、サッポロクラシックBEER生 

炭火焼

シマチュウ ・・・ トロホルモン?  すっげぇ〜旨い! 追加もしてしまった。

仕上げは限定食のつけ麺

ミスジ

マトンヒレ

アバラミ

ミルクラム

シマチュウ

などを食す。

今まで食べた事のない 味、感触、鮮度

 

 

 

 

 

翌日(6月5日)、

新千歳空港から JAL で女満別空港へ

搭乗前に ラーメン横丁で 腹ごしらえ

昼前なのに混雑

コーンラーメン

45分ほどのフライトで女満別空港着

予約しておいた、オリックスレンタカーで 出発

レンタカーで、女満別空港からウトロの「民宿 酋長」の家を目指す。

カーナビは山の中の道を示すが、

網走を通って海沿いを行ったほうが景色が良いですと、レンタカーの社員さんのアドバイスに従い、

100qほどの距離なのでのんびり走る。

小清水原生花園

原生花園駅の少し先に、あった、ピラミッド型の展望台

21年前の秋にも立ち寄った、小清水原生花園

道路の向かい側には、牛たちが草を食み、 21年前と同じ光景だ。

 

たしか、ピラミッド型の建物があったはずだと思ったが、・・・・・ ない?

いや、少し先に それはあった。

エゾキスゲが咲いていた。  日光ではニッコウキスゲ

 

知床への入り口にある、オシンコシンの滝に挨拶していかなくては。

見上げると駐車場の崖を重機が工事をしている。

何と! 重機をワイヤーで吊って作業している  こんな工法もあるのか!

 

オシンコシンの滝、 以前立ち寄った時の記憶よりも迫力がある  水量が多い様だ。

ウトロに入ると見た事のない施設が、

うとろ 道の駅  隣接して 知床世界遺産センター ができていた。

ウトロの町へ21年ぶりに入る、

道の両側に 建物が多くなっている・・・・ 20年も経っているのだからあたりまえか?

 

温泉民宿 酋長の家 に到着

21年前と同じたたずまいの 酋長の家に 到着

すべて手作りの夕食

夕食時、 大オカミ より 

食事の説明

アイヌ民族の悲しい歴史

口にくわえて、 ビヨ〜ン、ビヨ〜ン と鳴らす 楽器の演奏など

独演会を楽しみながらの食事であった。

 

 

 

翌日 知床クルーズウォッチングへ

 

 

 

inserted by FC2 system